写真で綴るECS社訪問記 (2)〜アメリカンイーグル〜

話は前後しますが、オレゴン州のメドフォード(Medford)からワシントン州のシアトル(Seattle)そして、アラスカ州のケチカン(Ketchikan)からクラウォック(Klawock)と飛行機を乗り継ぎ、ECS社の会長であるDennis Becklinさんの別荘があるプリンスオブウェールズ島のコッフマン・コーブ(Coffman Cove)へ行きました。
この写真は別荘に行く途中で出会ったアメリカンイーグルです。
アメリカンイーグルはアラスカで繁殖している大型の鷲で、アメリカ合衆国の国章のデザインに採用されているほど人気のある鳥ですが、以前は絶滅危惧種に認定されていました。
頭だけが白いので、日本名ではハクトウワシと言います。
翼を広げた時の様子を見ると、確実に私の身長よりも大きそうです。

IMG_1323.jpgIMG_1324.jpg