ミリタリースペックに準拠したキャリングケース、コンテナのお話

ご無沙汰いたしておりました。
営業部スタッフの小高です。
今回はTV番組等で良く取り上げられるように成りましたミリタリー番組の中から
世界で最も厳しいといわれるミリタリースペックに準拠したキャリングケース、
コンテナのお話です。

ミリタリースペックMIL規格(米軍規格)はさまざまな厳しい規格を設けています。
例としてMIL C-4150ではマイナス65°F〜プラス165°Fで規定の条件下で電子・精密機器の運用が可能と成ります。少し専門的な表現でしたので一般的な表現ですとマイナス54℃〜プラス71℃と成りイメージでは中東の砂漠地帯から北極圏まで、地球上で想定される過酷な気象条件に対応し運用可能が鉄則です。
但し、過酷すぎる環境条件下での運用スタッフが採用できるか疑問?です。
現在もFRP製、アルミ製、HDPE製キャリングケース、コンテナは国際モーターレースや放送局でも、また、航空宇宙分野・防衛分野等、広範囲にわたり活躍中です。

弊社はそれぞれの分野で限りない未来をひらきます。

390190_10150421898199759_1794319030_n.jpg