新素材との出会い(その1)

新しい材料との出会いはいつもワクワクします。
創作意欲が湧いてくるからでしょうか?チャレンジ精神を刺激されるからでしょうか?
私が最初に出会った新素材はチタニウムでした。
25年程前、東邦チタニウムさんからの依頼でチタニウム製アタッシュケースの共同開発に取り組みました。
チタンは鋼鉄以上の強度を持つ一方、質量は鋼鉄の約45 %と非常に軽く、又アルミニウム比較して、約60 %重いものの約2倍の強度を持ちます。
以前からアルミニウム製のアタッシュケースは手掛けていましたのでその技術の応用で容易に作れると思い取組んだのですが、やってみると大変難しい開発テーマでした。
素材の段階で粒子の大きさをコントロールし、成形後に特殊な熱処理を施す事で何とか世界初のチタニウム製アタッシュケースを世に出す事が出来ました。
苦労はしましたが、素材と素材感を活かしたデザインがマッチして素晴らしい出来栄えで、「グッドデザイン賞」もいただきました。

photo1986-10.jpg