直樹…早い! 早いよ…


技術課の中島です。

タイトル通りの内容になります。
私は桐生市出身なので、まさかブログを書く順番が周ってきたときにこんな事が起こるなんて…と思ってます。
ホントは違うネタでブログを書こうと思ってましたが…

サッカー元日本代表DF松田直樹選手の死去。
同じ市の出身という事でひそかに応援していた選手です。
34歳だから…
日本代表だったから…
それだけでこんなに騒がれるのではありません。

その経歴を見れば納得するはず。

1993年U-17日本代表としてU-17ワールドジュニアユースベスト8。
このとき、小嶺監督(国見高校の監督として有名ですね)に見出されてDFにコンバート。
このときのメンバーは中田英寿、宮本恒靖、戸田和幸ら。
1995年U-20日本代表としてU-20ワールドユースベスト8。
このときのメンバーは中田英寿、奥大介、山田暢久、下田崇ら。
1996年アトランタ五輪日本代表として日本サッカー史に燦然と輝く“マイアミの奇跡”を生み出す。
このときのブラジル五輪代表にはロナウド、ロベルト・カルロス、リバウド、ロナウジーニョがいました。………そう考えるととんでもない相手に勝ってしまったんだなと………
2000年シドニー五輪日本代表としてベスト8。
1999年ワールドユース準優勝世代との融合チームに2大会連続五輪代表として出場。
年齢制限のある五輪に制限枠内で出場している稀有な存在。

そして…トルシエ・ジャパンの一員として "フラット3” の一翼を担い、2002年日韓W杯ベスト16進出に貢献。
サッカーの全てのカテゴリーで全ての世界大会に出場し、しかも本戦の決勝トーナメントにも全て進出している選手です。これを他に成し遂げている選手は中田英寿と宮本恒靖だけ…
そんな彼だからこそ大騒ぎになる。

今後あったであろう指導者としての道にも大いに期待をしていただけに…
とても残念でなりません。

心からのご冥福をお祈りします。